鉄コミュニティ

京王電鉄5000系、新型車両試乗会を開催(1)

珠里さん

京王電鉄では17日、新型車両5000系の試乗会を実施した。試乗会の列車は若葉台駅から相模原線、京王線を経由して多摩動物公園まで走行した。京王では16年ぶりの新型車両となる5000系は、2018年春に予定している有料の座席指定列車の運行開始に向け、クロスシート·ロングシートの両方に転換できる座席を備えた車両として導入される。高尾山の木々の深いブラウンと「繊維の街·八王子」の絹糸をモチーフにデザインの座席で上質感を演出し、座席指定列車での運行時に電源コンセントが使用できる。外観はシャープな前面形状で既存車両との違いを明確にしたデザインに。車上蓄電池システムを初め、京王初のシステム装備も多数搭載している。新型車両5000系は9月29日よりロングシートの通常列車から営業入りする。主に平日、土休日の夜間の帰宅時間に新宿発京王八王子行、新宿発橋本行の座席指定列車が来年の春からの営業で当面の間は自由席で運行される。試乗会は午前は報道関係者、午後は、鉄道友の会で当選された方のみの乗車となった。クロスシートで試乗会は初めてでした。座席指定列車は白色の蛍光灯から暖色系の照明に切り替える実演も試乗会で初めて見ました。西武40000系のSトレインと同様の方式がとられてました。座席指定列車では出入口が1ヶ所、終着駅ではすべてのドアとなる予定です。停車駅は来年1月に決定するようです。

コメント一覧

珠里さん

2017/09/18 23:02

自家発電設備が床下機器に搭載されるのは日本の鉄道では京王線が初めてです。JRの通勤電車には故障対策の二重系化していますけど停電対策の自家発電設備がないです

コメントを投稿する